バスケットボール

【バスケ】ドリブルが上手くできない理由【コツ伝授】

スポンサーリンク

ドリブルが出来なきゃリングにボールを持っていくことができないのでバスケをする上でとても大事なことです。なのに、

 

ドリブルがおぼつかねぇ!すっぽ抜ける!!

 

といった悩みを抱えている方は結構います。

が、原因はたった一つです。それは、



練習不足




これに尽きます。
ドリブルが上手いプレイヤーは、ドリブルがあまり出来ないプレイヤーよりも長い時間ボールに触れています。たったそれだけの事です。
なので大丈夫です。ドリブルは意識して練習すればするほど上手く、自在にできるようになります。

そこで今回は、そんなドリブルが効率良く手に染み付いて安定してできるようになり、かつ武器にできる方法を段階別に紹介します。

 

 

 

 

ドリブル修行第1段階

具体的な練習法はざっくり以下になります。

  • 思いっきり強く突くドリブル
  • 低く突くドリブル
  • 壁に向かって突くドリブル
  • 高低差を付けて突くドリブル
  • 前を見て突くドリブル
  • 片方の腕でドリブルしている方の腕をガード



まず、ドリブルは基本的にワキを閉めた状態で行うということは頭に入れておきましょう。なるべく自分の体の近くでドリブルしてコントロールできるようにします。
では、一つずつ紹介していきます。

 

 

思いっきり強く突くドリブル


その名の通り、思いっきり地面に強くボールを突きます。突く時は手で押し込む感じです。
これができるようになるとボールを突いてから手に戻ってきた時、手のひらにボールがビタっとくっついている感覚を習得できます。
そしてそこから、色々なパターンのドリブルに移行できる余裕が生まれます。
練習前などに右手と左手で回数を決めて強く突く練習をしておくと段々慣れてきます。

 

 

低く突くドリブル


ドリブルを低い位置で突いてみましょう。
この時、突く時の強さもできる限り強めにすると、細かいボールの動きをコントロールできるようになります。
これは利き手は上手く出来ても逆の手が慣れるのに少し時間がかかるかもしれませんが、突いて返ってきたボールを指先で受け止め、また突いて、という意識で ドリブルをすると早く慣れていきます。
手首のスナップを使うとより強くドリブルを突くことができます。

 

 

壁に向かって突くドリブル


世間では壁ドリと言われている練習法です。
これをやると、スナップの強さ、指先でのボールコントロール、指先の強さが強化されます。
ちなみにシュートタッチも良くなるので、外の壁などで暇な時にやり続けるとオフェンスの動きが見違えたように良くなります。

 

 

高低差を付けて突くドリブル


高い位置でのドリブルから低い位置でのドリブル、低い位置でのドリブルから高い位置でのドリブルです。
慣れてきたら突く強さは変えず(強いまま)に段々スピードを速くしてみましょう。
これができるようになると、ドリブルで相手を抜く時に大事な要素である緩急を付けてディフェンスを抜くことが できるようになります。
ゆっくり目なスピードで高めのドリブルからいきなり低く速いドリブルに変えていきなりスピードアップされると、ディフェンスは対応出来ません。
逆に低く速いドリブルで抜くと見せかけて遅く高めのドリブルに変えてディフェンスの状態を浮かせ、また低めの速いドリブルに切り替えて抜くといったフェイントをかけるようなこともできるようになります。
これができるガードは試合で気持ちよく相手を抜くことができるだけでなく、メンバーとして重宝されるので習得優先度は高いです('ω')ノ

 

 

前を見て突くドリブル


ドリブルの練習に慣れてきたら、今度は手元を見ずに前を見てドリブルしてみましょう。
実際に試合では、前を見て状況を把握することが通常状態になるので練習中は常に前を見てドリブルすることを意識してみましょう。

 

 

片方の腕でドリブルしている方の腕をガード


ディフェンスにボールを取られないように、ドリブルしている手とは逆の手でドリブルしている方の手をガードします。
出来れば、手だけでなく肩で丸ごと隠すようにできるようになるとボールを持っている時の安定感はグッと上がります。

 

 

 

ドリブル修行第2段階

具体的な練習法はざっくり以下になります。

  • 前後に動かすドリブル
  • フロントチェンジ
  • レッグスルー
  • ロールターン
  • ビハインド



一つずつ紹介していきます。

 

 

前後に動かすドリブル


足を縦にしてボールを前に突き、後ろ突き、前に突き、後ろに突き、を繰り返すドリブルです。
突いた時のボールの進行方向に手のひらをしっかし持ってくることを意識してみましょう。
前後にボールを動かせるようになると、ディフェンスのスティールにくる手を避けながら色々なドリブルにつなげることができます。 後ろにドリブルした時に、バックステップで下がれるようになるとディフェンスと距離をとれるようにもなるので、慣れてきたらやってみましょう。

 

 

フロントチェンジ


ボールを左に右に左に変えるドリブルです。
ディフェンスを抜くにはどちらか片方で右だけ、では困難なので右も左も両方に進めるようになる必要があります。
ということで、まずは動かない状態で左右へチェンジするドリブルをマスターしましょう。
これも慣れてきたら段々速く、強くして突いてみてください。余裕があれば突いた方向に上半身を少し傾けるといいかも。

 

 

レッグスルー


股の下を通すドリブルです。
これはフロントチェンジと同じくらい使うので習得しておきましょう。
右手から股の下を通して左手に渡す時は、左足を少し前に出して右足を少し下げ、左手から股の下を通して右手に渡す時は右足を少し前に出して左足を少し下げる。
といった感じでドリブルしてみましょう。(レッグスルーのスタンスです)
コツとしては、腰を落としてドリブルはしっかり股の真下に突くようにしましょう。そして突いたボールを受け取る手の位置も感覚で覚えられるようになりましょう。まあ練習していればその内できるようになります(●´ω`●)
注意点は、足を縦に開かずなるべく平行にしたままレッグスルーを繰り返すことです。試合で両足を縦に開いてレッグスルーをするということは滅多に無いので、ここは気を付けましょう。

 

 

ロールターン


ドリブルを突いたらクルっと回ってディフェンスをかわす戦法です。
コツとしては、回る前のドリブルは、回っている最中にボールが手のひらにくっついていられるように強く突くことです。
もう一つは、回る時に頭の位置を下げずに、上げずに、平行のまま回ることです。上下してしまうとスピードが落ちたりボールが手のひらからすっ飛んで行ったりする可能性があるので意識しましょう。
慣れてきたら、回り始めた時に素早く回る方向を見るようにしてみましょう。そうすると回転のスピードが速くなります。

 

 

ビハインド


ビハインドは、自分の背後で左右のチェンジをするドリブルです。
このドリブルはレッグスルーより難しい分、習得するとディフェンスからボールを守れる確率がグンと上がります。
コツとしては、腰を落とした状態でお尻の真下にボールを突くようにしましょう。(突く時、ボールを持っている手でボールを渡す方のお尻を叩くようにするとやりやすいかも)

 

 

 

ドリブル修行第3段階

具体的な練習法はざっくり以下になります。

  • ボールを2つ使ったドリブル
  • 歩き~走りの状態でフロントチェンジ・レッグスルー・ビハインド
  • 腕を伸ばして幅の広いフロントチェンジ
  • Zムーブ



一つずつ紹介していきます。

 

 

ボール2つを使ったドリブル


右手に一つ、左手に一つボールを持ち、左右同時にドリブルをする練習です。
この練習は「片方の手のドリブルは上手くできるけどもう片方のドリブルが上手くいかない」という方に優先的にやってほしいドリブルです。

  • 左右同時に突く。
  • 左右交互に突く。
  • 片方は高く、もう片方は低く突く。
  • 片方は前で突き、もう片方は後ろで突く。



色々できるパターンがあるので、思いついたものがあれば練習してみましょう。

 

 

歩き~走りの状態でフロントチェンジ・レッグスルー・ビハインド


前に進みながらフロントチェンジ、レッグスルー、ビハインドドリブルを実践してみましょう。
試合では前に進みながらドリブルするので、この練習は必須になります。

  • 進んでるところを両足でストップしレッグスルーやビハインドし、再度前に進む。
  • 右ドリブルで進みながら左ドリブルにチェンジ。
  • 慣れてきたら低く、速く。



ディフェンスが目の前にいるということを想定することが大事になってくるので、縦一列に物を置いてからそれを上記のドリブルでかわしていくといった練習も効果的です。

 

 

腕を伸ばして幅の広いフロントチェンジ


この練習は、フロントチェンジをした時にボールが渡った方の腕を思いっきり伸ばして幅広くドリブルします。
慣れてきたら強く、速くやってみましょう。
これはドリブルテクニックの一つであるクロスオーバーで使われます。
また、これだけでなくディフェンスとの位置を横にずらしたい時にも最適なドリブルです。

 

 

Zムーブ


フロントチェンジ、レッグスルー、ビハインドドリブルを順番にやります。
これを上から見るとZ(もしくは逆)の字を描くようにドリブルしているように見えます。

  1. 左から右へのフロントチェンジ
  2. 右から左へのレッグスルー
  3. 左から右へのビハインド



これを上から見るとZを描いています。
これも試合でディフェンスとの距離が近い時や抜く時のフェイントとして使えるので習得必須なドリブルです。 慣れてきたら速く、低くやってみましょう。左右逆の順番での練習も忘れずに(^^)v
また、ドリブルで前に進んでいる最中や障害物を置いた状態の前でやることで、実際にディフェンスを前にした時にどういった動きをすればいいかの選択肢が広がっていきます。

 

 

もっとハンドリングを高めたい人

ドリブルが上手いプレイヤーは練習中だけでなく、家などでもドリブルの練習をしています。
実際に僕も以下のようなアイテムでドリブルを上達させました。


エアドリブルです!!
これは家でも静かにドリブルができるアイテムで、好きな場所に持ち運んで場所を選ばずドリブルの練習ができます。
最初にも言いましたが、結局ドリブルが上手い人はボールに触れている時間が長い人なのでレベルアップしたいならドリブルしまくることです。

もしかしたら、チームメイトもこのエアドリブルで練習しているかもしれません。最近はガードだけでなくフォワードとセンターもドリブル技術が必要になってきているので、ポジション争いが激しくなってきているためウカウカしていると置いてきぼりになってしまいます。

自分だけドリブルが下手なままみんなに置いて行かれるのは屈辱以外の何物でもないです。

が、どんなドリブルでも慣れてくるとディフェンスを翻弄することができ、それに応じて自分のやりたいプレーがどんどん増えて楽しくなってきます。
もうその頃にはスタートで試合に出られるレベルまでになってますよ٩( ''ω'' )و







 

 

 

まとめ


ざっくりとドリブルの練習を紹介してみました。

ディフェンスが目の前にいるという意識を忘れずに、「立った状態で練習 → 動きながら練習 → 実戦形式(1vs1や3vs3、5vs5)で練習」の流れが脳と運動神経に動作を叩き込むのに一番効率的です。
そしてもう一つ、実戦形式での練習時に「自分で作った動きを崩さない」という事を忘れずに覚えておきましょう。

ディフェンスに圧力をかけられたり迫られたりした時に無理やりな動きで抜けたとしてもそれは「完全な自身の動き」ではなく、とっさに出たものなのでいつも同じ動きができるわけがありません。まずは練習中に、自分で作った動きをどんな状況でも出せるように意識しましょう。ディフェンスが来た時に「どうしよう!?」と慌てないようにすることが一番大事です。

そこから慣れない内はゆっくりでいいので、ディフェンスの体勢や動きを見て自分の動きで抜く動作に入ってみましょう。これを繰り返していくと 試合でも慌てずにディフェンスを翻弄、抜けるようになります。
試合中に自分の思い描いていたプレーができるようになると楽しいですし、何よりモチベーションが上がるので良いことづくめです。
どんどん練習して自分の理想としているプレイヤーになっちゃいましょう(・ω・)ノ

スポンサーリンク

-バスケットボール
-, , ,

© 2022 Day Life Evolve